陰部 臭い ケア

身体のニオイを消したい!

身体の洗い過ぎは体臭を悪化させる?

体臭が気になる方が陥りがちなことの一つに「身体の洗いすぎ」があります。

身体をゴシゴシと洗うことで汚れを綺麗に落とせるというイメージがありますが、洗いすぎは体臭を抑制する善玉菌まで洗い流してしまい、体臭を悪化させてしまうのです。

善玉菌は熱いシャワーを浴びたり湯船に浸かるだけで約80%が洗い流されてしまいます。更に、ボディーソープで身体を洗うことで善玉菌をほぼ落としてしまうのです。

善玉菌が減ってしまうと、体臭を悪化させる悪玉菌が増えやすい環境になってしまいます。

身体を清潔に保っているつもりが、体臭を悪化させてしまっているのです。

体臭を悪化させないように身体を洗う場合、柔らかいタオルで撫でるように優しく洗い流しましょう。

タオルで身体を擦るのではなく、泡で身体を洗うというイメージで行うと上手く洗えます。

特に皮膚の薄い部分は、タオルではなく手のひらで洗うことをオススメします。

陰部のニオイ ケアをする場合も、洗い過ぎには十分注意しましょうね。

制汗剤を利用する場合の注意点

制汗剤は汗を抑え、体臭を防ぐことができます。しかし、間違えた使い方をすると、場合によっては体臭を悪化させてしまうことがあります。

まず、制汗剤は臭いが気になる部分のみ使うようにしましょう。

全身に使うと汗を出す汗腺を塞いでしまい、汗腺の働きが低下したり、汗腺に雑菌が溜まってしまう恐れがあります。

すると、汗をかいた時に体臭が酷くなってしまう場合があります。

汗からくる体臭が気になる方は、臭いが気になる部分にのみ制汗剤を使い、他の部分は汗を拭き取る程度にしておきましょう。

また、強い殺菌効果のある成分を使うと、より体臭がきつくなる場合があります。

ワキガなど体臭が酷い方以外は、肌に優しい穏やかな効果のある殺菌成分のある制汗剤を使用しましょう。

足の臭いを防ぐ靴ケアの方法

足の臭いは靴をケアすることで防ぐことができます。

まず、最初に自分の足に合った靴を選ぶことが重要です。サイズの小さい靴は足を圧迫し、汗をかきやすい状態にしてしまいます。

また、通気性も悪くなるため、足の中に汗が溜まり臭いの元となる雑菌の温床となってしまいます。

靴の通気性を良くしておくことも重要です。靴に溜まった湿度や熱を抜くには、最低でも24時間乾燥した状態を保つ必要があります。

毎日履く靴を変えて、常に靴を乾燥した状態に保ちましょう。

靴の中に汗を吸い取るインソールを使うことも有効です。臭いの原因となる汗を排除することで、足の臭いをかなり防ぐことができます。

また、履いていない靴に10円玉を入れたり、乾燥材を入れて湿気を取ることで、靴に臭いを付くことを防ぐことができます。


PAGE TOP

身体のニオイを消したい!
Copyright (C) 2014 身体のニオイを消したい! All Rights Reserved.